群馬県立女子大群馬学センター第43回群馬学連続シンポジウム「関東徳川史観と『天正十八年問題』」開催のご案内

群馬県立女子大学群馬学センターの第43回群馬学連続シンポジウム「関東徳川史観と『天正十八年問題』」が開催されます。
「地域史の画期を問い直す」の第一回目のシンポジウムで、1590年の徳川家康の関東入府を題材に、「地域史固有の時代の捉え方」を問題視するもので、県外の若手研究者と語りあう企画となっております。

当会も後援団体となり、また会員も企画運営や報告者として携わっております。
興味・関心のある方は、ぜひご参加ください。

★詳細はこちら
https://www.gpwu.ac.jp/info/2023/07/post-484.html

★お申し込みはこちら
https://forms.gle/nbFWPEsuyZjfumqM9

※パンフレットはこちらからご確認ください。 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です