過去の研究大会・地域大会

2021年5月15日(土)

地域研究会
「上武国境山間地域の歴史と文化」

シリーズ・上武国境地域の諸相 Vol.1

シリーズ・上武国境地域の諸相 Vol.1
◆日時:2021年6月5日(土) 13:30~17:00
◆開催方法:オンライン(Zoom利用)
◆主催: 群馬県地域文化研究協議会
◆共催: 共愛学園前橋国際大学
◆協力: 鉢形歴史研究会
◆対象:会員・一般
◆定員:80名
◆参加方法:申し込みフォームに必要事項を記入の上、送信してください。参加承認された方に後日、回から接続方法、参加上のルール、講演報告資料をメールでお送りします。当日はそれに従ってサインインして参加してください。
◆参加費:無料

◆プログラム・日程
開会挨拶・趣旨説明

研究報告
1. 森田 真一氏(群馬県立歴史博物館主幹(学芸員)
「長尾景春の乱と秩父地域(仮)」

2. 高橋 稔氏(放送大学非常勤講師・鉢形歴史研究会)
「上武国境地域南側の霊山と信仰 ―31番観音院と薄の薬師堂―(仮)」

3. 柏原 康人氏(大阪大谷大学・園田学園女子大学非常勤講師)
「縁起からみる野栗信仰の時代的変遷(仮)」

コメント/閉会挨拶

2021年2月27日(土)

※新型コロナウイルスの流行に伴い、開催中止となりました。

2020年度研究大会について、2月27日の前橋国際大学での開催に向けて実行委員や役員で準備を進め、会誌『群馬文化』の会告やホームページを通して参加者を募ってきました。しかし、現下の首都圏および県内の新型コロナウィルス感染の状況に鑑み、感染拡大防止の観点からやむなく開催を中止することにしました。当会で慎重に検討を重ねた結果、ご報告が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。参加申し込み受付期限前での判断で皆様には申し訳なく存じますが、事情をお察しの上ご了解くださるようお願い申し上げます。

これをもって参加申し込みの受付を停止しますが、予定していた基調講演および個別報告については、会誌『群馬文化』343号(2021年8月31日発行)の研究大会特集で論考として掲載する準備を進めております。

時下、県内での感染も続いております。ご多忙な時期とは存じますが、皆様方におかれましては、くれぐれもご自愛くださいますようお願い申し上げます。

2020年度の研究大会は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、事前に参加申し込みをしていただいた上での開催といたします。また、社会状況によって日程の一部変更や開催の中止を行う場合があります。皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力の上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

注意事項の詳しい内容につきましては、下記の書類をご確認ください。
研究大会における新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

研究大会
「水路遺跡の歴史民俗学」
◆日時:2021年2月27日(土) 12:30~16:30(受付12:00~)
◆会場:共愛学園前橋国際大学 2号館・2401号教室(群馬県前橋市小屋原町1154-4)
 ※会場周辺地図はこちらからご確認ください。
◆主催: 群馬県地域文化研究協議会
◆共催: 共愛学園前橋国際大学
◆後援: 群馬歴史民俗研究会 群馬歴史散歩の会
◆資料代:300円

◆内容・日程
基調講演
深澤靖幸氏(府中市郷土の森博物館 )
「伝承・史料から読み解く水路遺構‐府中市「ムダ堀」を事例に‐」

個別報告
1. 川道 亨氏(伊勢崎市赤堀歴史民俗資料館 )
「未完成の灌漑用水路「女堀」‐その後の地域を考える‐」

2. 山口 通喜氏(中之条町歴史と民俗の博物館「ミュゼ」)
「吾妻郡「大堰」の歴史と伝承」

3. 和田 健一氏(高崎市多胡碑記念館)
「近世上州の用水開削と水利慣行‐「右京の泣き堀」と榛名湖引水計画‐」

2020年6月13日 (土)

※新型コロナウイルスの流行に伴い、開催延期となりました。変更後の日程は会誌及びホームページでご案内します。

地域研究会
「上武国境山間地域の歴史と文化」

日時:2020年6月13日(土) 会員:10:00~ 一般:10:40~
会場:神流町こいこいアイランド会館
 多野郡神流町大字万場40
 ※会場周辺地図はこちらからご確認ください。
協力:秩父歴史文化研究会
後援:神流町、神流町教育委員会


基調講演

栃原嗣雄氏 (埼玉民俗の会 会長)
「秩父と上州の川瀬神事と民俗(仮)」

個別報告

1. 高橋稔氏 (放送大学 講師)
「両神信仰について(仮)」

2. 柏原康人氏 (大阪大谷大学 講師)
「古墳と中近世の地域社会」

他、報告一件予定しています

2020年2月29日 (土)

※コロナウイルスの流行に伴い、開催中止となりました。

研究大会
「古墳の歴史民俗学」
シリーズ 遺跡をめぐる地域社会史 Vol.1

日時:2020年2月29日(土) 10:30~ (10:00受付開始)
会場:共愛学園前橋国際大学 1号館 1101号教室(チャペル)
 前橋市小屋原町1154-4
 ※会場周辺地図はこちらからご確認ください。
後援:群馬歴史民俗研究会、群馬県歴史散歩の会
資料代:300円


基調講演

櫻井準也氏 (尚美学園大学 教授)
「考古学が語らなかったもうひとつの古墳文化 ――遺跡認識学へのお誘い――」

個別報告

1. 深澤敦仁氏 (群馬県立博物館)
「古墳が作られる場 ――古墳の選地と神聖性――」

2. 簗瀬大輔氏 (群馬県立女子大学 准教授)
「古墳と中近世の地域社会」

3. 佐藤喜久一郎氏 (育英短期大学 講師)
「古墳を畏怖する人びと ――群馬の古墳伝説――」