地域研究会「上武国境山間地域の歴史と文化」を開催します。

地域研究会「上武国境山間地域の歴史と文化」
《シリーズ・上武国境地域の諸相 Vol.1》

◆日時:2021年6月5日(土) 13:30~17:00

◆開催方法:オンライン(Zoom利用)

◆主催: 群馬県地域文化研究協議会

◆共催: 共愛学園前橋国際大学

◆協力: 鉢形歴史研究会

◆対象:会員・一般

◆定員:80名

◆参加方法:申し込みフォームに必要事項を記入の上、送信してください。
※参加承認された方に後日、会から接続方法、参加上のルール、講演報告資料をメールでお送りします。当日はそれに従ってサインインして参加してください。

◆参加費:無料

◆プログラム・日程
(1) 開会挨拶・趣旨説明(13:30~13:40)

(2) 研究報告(13:40~16:35)

① 森田 真一氏「長尾景春の乱と秩父地域(仮)」(群馬県立歴史博物館主幹(学芸員)
② 高橋 稔氏「上武国境地域南側の霊山と信仰 ―31番観音院と薄の薬師堂―(仮)」(放送大学非常勤講師・鉢形歴史研究会)
③ 柏原 康人氏「縁起からみる野栗信仰の時代的変遷(仮)」(大阪大谷大学・園田学園女子大学非常勤講師)

(3) コメント/閉会挨拶(16:40~17:00)

研究会の要項はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です